チュムポン組合で優秀生産者を表彰(2012.10.19)

DSCN2551.jpg
 10月19日、チュムポン組合は2011・12年度の優秀生産者を表彰しました。PPFC協賛の元に昨年度から導入しているもので、単一バンチ重量を競う分野、年間総出荷実績での平均バンチ重量を競う分野、年間総出荷重量そのものを競う分野、出荷重量に関わらず一年間休まずに出荷し続けた皆勤賞などが受賞対象。この日は新理事会が各地区の生産者訪問を兼ねてタムシン地区とチュムポン地区を訪問、各地区で受賞した生産者が地元で賞金を受け取ったほか、他地区の受賞者も一部顔を見せてくれました。各分野の受賞者は以下の通り。

単一バンチ重量分野
(生産者がこれは、と思うバンチを持ち寄ってその総重量を競うもの。年間一人当たり3バンチまで出品が可能)

1. スラサック・チャイソンクラームさん(ナムチャー地区) 23kg
2. スマーリー・パットハーンさん(同上) 22kg
3. スポン・タウィッシーさん(同上) 21.8kg
4. チャロー・ルアブンルートさん(チュムポン地区) 21.2kg
5. プワドン・スワンチャムニさん(ナイトゥン地区) 21kg
6. プラユーン・タイテートさん(同上) 20.5kg
7. タウィワット・ユタポンプリチャーさん(チュムポン地区) 20kg

平均バンチ重量分野(年間100バンチ以上出荷した生産者が対象)

1. プワドン・スワンチャムニさん(ナイトゥン地区) 10.5kg (941バンチ出荷)
2. パイブーン・クープラスートさん(同上) 7.6kg (800バンチ)
3. スマーリー・パットハーンさん(ナムチャー地区) 7.1kg (1,536バンチ)
4. スポン・タウィッシーさん(同上) 6.9kg (892バンチ)
5. プラユーン・タイテートさん(ナイトゥン地区) 6.8kg (2,166バンチ)
6. マナサナン・ヌッニヨムさん(同上)  5.9kg(2,094バンチ)
7. ガセーム・ウタイラットさん(ナムチャー地区) 5.3kg (1,153バンチ)
8. プラスート・ポンプルクサーさん(同上) 5.1kg (3,251バンチ)
9. ニポン・スワンチャムニさん(ナイトゥン地区) 5.1kg (2,456バンチ)
10. パイリン・クープラスート(同上) 5.1kg (1,146バンチ)

年間総出荷重量分野

1. ブンワン・カントーンさん(ナイトゥン地区) 総出荷重量 22,037.80 kg
2. プラスート・ポンプルクサーさん(ナムチャー地区) 15,262.10 kg
3. アナン・パーンサウィさん(同上) 14,469.70kg
4. ニポン・スワンチャムニさん(ナイトゥン地区) 12,274.80 kg
5. ウテーン・ジョンジャンヤーさん(ナムチャー地区) 11,894.80 kg
6. マナサナン・ヌッニヨムさん(ナイトゥン地区) 11,692.20kg
7. スニー・チュアイスックさん(ナムチャー地区) 11,197.50 kg
8. サマート・ペッチューさん(同上) 10,434.70 kg
9. マニー・ヌーパクディーさん(同上) 9,840.90 kg
10. ガセーム・ウタイラットさん (同上) 6,377.00 kg

皆勤賞
● プラスート・ポンプルクサーさん(ナムチャー地区)
● チャロー・ルアブンルートさん(チュムポン地区)
● パイブーン・クープラスートさん(ナイトゥン地区)
● マナサナン・ヌッニヨムさん(同上)
● ウィチアン・ジャールナンシリさん(ナムチャー地区)

 賞金総額8万バーツ余り、一人当たりの最高受賞金額8,600バーツの賞金が当日PPFC小山専務から各生産者に手渡されました。厳しい天候の中、一年間バナナ作りに苦労を重ねてきた受賞生産者の皆さんの笑顔が印象的でした。
スポンサーサイト



チュムポン組合で総会





isan.jpg



 9月24日、チュムポン組合の年次総会が開催され、年次報告や決算書などを承認したほか、新年度の役員改選と活動計画の審議などを行ないました。
 2011/12年度は前年度に比べて出荷量が大幅に増加したこともあり、バナナの売上高は107%増の573万バーツ余りに達しました。その結果剰余金も前年比で293%増の30万9000バーツ余りとなり、今年は組合発足後初めて組合員への出資配当と利用高割戻しが実施されることとなりました。
 この実績に自信を深めた組合では、新年度200万バーツの予算で土地を購入し、組合の本部と出荷作業場を建設する計画を打ち出し、今総会で正式に承認されました。これまでずっと借地を活動拠点としてきた組合は、再三に渡って移転を繰り返して来ましたが、今後は初めて自分たちの土地を拠点とすることで文字通り地に足をつけて活動を展開していくことになります。
役員改選(一部)も行なわれ、スマーリー・パットハーンさんやスピット・スワナラットさんなど元理事が返り咲いたほか、新しい顔としてソムポーン・ルアンジャンさんも運営に加わることになりました。
 今回の役員改選により、任期がまだ残っている三名の理事を加えた新理事会の顔ぶれは以下の通りです。



isan.jpg



1. 組合長 プラスート・ポンプルクサー(留任)
2. 副組合長 パイブーン・クープラスート(再選)
3. 理事 マナッサナン・ヌッニヨム (留任)
4. 同上 ナリヤー・インディー(留任)
5. 同上 ソムポーン・ルアンジャン(新任)
6. 同上 スマーリー・パットハーン(新任・復職)
7. 同上 スピット・スワナラット(新任・復職)
8. 監査役 プーワドン・スワンチャムニ(留任)
9. 同上 チャロー・ルアブンルート(新任)

 新理事会は早速9月26日に最初の会合を行ない、新年度の活動について話し合いを持ち、各々の役割などを確認しました。若い力も加わった新理事会の指導力に期待します。


イサーングループの第二作業場建設着工



isan.jpg


 東北タイでバナナ栽培を展開するイサーングループ・ファオライ地区。今最も栽培拡大への動きが活発なこの地区で、自分たちの出荷作業場建設に向けた動きが加速しています。
 作業場建設工事が開始されたのはノンカイ県ファオライ郡ワンルアン区役場の敷地内の一角。ここに周辺でバナナを栽培しているメンバーが連日集まっては手弁当での建設工事が進められています。
 同地区の生産者は昨年11月から日本向けに無農薬栽培ホムトンバナナの出荷を開始、以後品切れとなった今年8月まで隔週で見事なバナナを出荷し続けてきました。初めてのバナナ栽培の成功に気を良くした生産者の多くが栽培を拡大しただけでなく、周辺の農家にも働きかけて地区内のホムトンバナナ栽培は飛躍的に拡大してきています。
 これまでは生産者のリーダーが保有するコメ保管庫を改造した仮出荷設備を使用して来ましたが、今年10月以降に大量の出荷が予想されるため、適切な出荷設備を模索していました。自分たちが住む地域の自治体の協力を仰ごうと、生産者リーダーが同区長に直談判し、役場敷地内の土地提供と作業設備建設に必要な資材費購入費用の補助を引き出すことに成功したという次第。
 生産者の皆さんは明るい笑顔で労を惜しむことなく自前での建設工事に熱心です。今年10月にはこの新しい出荷設備から日本向けにバナナが出荷されることになります。


isan.jpg



ラメー郡村役員講習会で農民会が各村落でのバナナ栽培奨励を村役員に要請



isan.jpg

isan.jpg

isan.jpg

 8月8日~9日の両日、ラメー郡役場ホールでラメー郡内70余箇所ある行政村(ムーバーン)の役員を集めた講習会が開催され、農民会から理事三名とカムアヌン参事が出席、各村落でのバナナ栽培奨励を参加した役員に要請しました。「20年近く活動してきたが、農民会のことは地元の人に意外と知られていない」というソムヌック理事長の働きかけにラメー郡が応じたもので、講習会のプログラムの中に時間枠をいただき、農民会の沿革(理事長)とバナナ栽培のノウハウ(ニポン・スッジャイさん)を簡単に紹介しました。PPFC小山専務もバンコクから駆けつけ、ラメーのバナナが日本人にどれだけ気に入られているか、の話をしました。講習会は二日間行なわれ(村役員の数が多いらしく、同じ内容の講習を二日に分けて別々の顔ぶれに対して実施)、述べ300名ほどの参加者にお話をする機会を得ました。今回の催しがラメー域内でのバナナ栽培拡大に繋がるか否かについては今後の展開を見る必要がありますが、ともあれ貴重な機会を与えて下さったラメー郡行政にこの場を借りて御礼申し上げたいと思います。

isan.jpg

isan.jpg

 講習会終了後には、第一作業場の出荷作業の様子も視察されました。


テレビ出演



isan.jpg


 タイテレビ局9チャンネルの日曜早朝の農学局活動紹介番組で、ホムトンバナナの軸ぐされ対策の研究活動が紹介されました。番組にはバンラート農協のシリチャイ参事、バナナ生産者のパイトゥーンさん、PPFCの小山専務も出演しています。

下のリンクをクリック↓↓↓
農学局活動紹介番組