バンラート農協

テレビ出演



isan.jpg


 タイテレビ局9チャンネルの日曜早朝の農学局活動紹介番組で、ホムトンバナナの軸ぐされ対策の研究活動が紹介されました。番組にはバンラート農協のシリチャイ参事、バナナ生産者のパイトゥーンさん、PPFCの小山専務も出演しています。

下のリンクをクリック↓↓↓
農学局活動紹介番組


スポンサーサイト



バンラートの突風被害状況報告


 5月10日夕方に三度目の突風が発生し、前二回よりも大きい被害がバナナ圃場に発生しました。15日に現地に行き状況を確認して来ましたので以下報告します。

 まず全体の被災状況ですが23圃場、4,770本が直接被害。ルムサモー地区が最も被害が大きく、被災本数全体の88.9%に相当する4,228本が被災。被災率50%を超える圃場もこの地区に集中しており、5圃場が最大で88%の被害を被っています。

 この日は今回最大の被害を受けたトーンバイ・ミーマノーさんの圃場を最初に訪問しました。トーンバイさんは3つの圃場で合計2,300本を栽培してきましたが、うち1,340本が被災。なかでもこれから収穫ピークに入ろうとしていた1,200本植えの大圃場(二番苗)が、1,050本も倒されました。圃場を見せていただきましたが、立派な実をつけたたくさんのバナナの木が無残な姿で横たわっていました。ご本人とご家族がちょうど圃場のすぐ近くで栽培している唐辛子の収穫をされていたのでお話を伺いました。

isan.jpg

 「親父の代からずっと農業をこの畑でやってきてるけど、こんなに強い風が吹いたことはこれまで一度も無かった。今回が初めてだよ。農協からお金を借りてバナナを植えた。このバナナを農協に出荷して返すつもりだったんだが・・・・。農協がきっと補助をしてくれると思うけどね。今後はどうするかって?もちろんまたバナナを植えるよ。突風なんか怖いとは思わねえよ。吹いたら吹いたときのこと。日本の皆さんに何かして欲しいかって?ん~、農協が被災農家の支援で大変だからその農協を支援してやって欲しいな」

isan.jpg

トーンバイさんの大圃場

isan.jpg

収穫を間近に控えたバンチも無残な姿に


 もう一箇所、同地区で1,000本を超える被害を受けたのがウォーラヌット・マーペオさん。1,500本のうち1,020本を被災しました。収穫が始まってまだ数週間、出荷できたのはまだわずかに200バンチほどしかなく、残りはこれから、というときの被害。ご夫妻がちょうど在宅中でしたのでお話を聞けました。

isan.jpg

 「あの日は午後出掛けたんだけど、出掛ける前はいつもどおりのバナナ畑だったのが、夕方帰ってきたら様変わりしていた。あれだけ立派になっていたバナナが全部倒れていた。もちろんすごいショックだった。」
「倒されずに残った分が少しある。その収穫が終わったらまた植え直し。今後二ヶ月の間に植えれば、今度は風に逢わないタイミングで収穫できるから。ここでのバナナ作りで怖いのは風だけ。旱魃も寒波も洪水も怖くは無いよ。何とか対処できるからね。でも風だけは予告なしに来るから、どうしようもない。それでもバナナを植えるのはなぜかって?・・・植えたいから。」

 この「植えたいから」の言葉がすごく印象に残りました。なぜ植えたいのか、って聞くのは野暮だと思って聞くのを止めました。それだけ彼女の言葉に力強さを感じたのでした。

isan.jpg

isan.jpg

ウォーラヌット圃場

isan.jpg

isan.jpg

自宅家屋が防壁になり、生き残った部分もあり。こちらは比較的順調でやや安堵。


 これ以外にも同地区では今回の被害とすでに収穫された分を合わせて圃場の半分近くに達した生産者が残りの収穫を諦めて(風の影響で品質が劣下するため)全面植えなおしたケースもありました。
 いつもいつものことですが突風や洪水にもめげることなく、七転び八起きで栽培を地道にやり直そうとする生産者の姿に素直に頭が下がる思いです。しかも彼らには悲愴感はなく、常に明るさに満ちています。

 さて今回の被害の出荷量への影響ですが、現在詳細については現場で検討作業を進めています。ただ概況を見るとルムサモー地区からの今後二ヶ月の収穫がほぼ期待できなくなったと考えてよいわけで、予測値から推測する限りでは同地区からの収穫はこの時期増加に向かっていくはずでした。だいたい月10トン~12トンを見込んでいた(6月~7月)ようですので、週換算でだいたい2.5~3トンということになります。これに他地区の被害なども合わせればだいたい週3~4トンが消えてなくなった、といったところでしょうか。


バンラートで突風被害発生



isan.jpg

isan.jpg

今回被災された生産者の皆さん


 タイでは現在乾季から雨季への季節の節目の時期に当たり、全国各地で大雨・強風の不安定な天候が続いています。この時期には毎年バナナの産地にも突風による被害が発生して、頭痛の種になっていますが、数日前にバンラート産地で1,000 本以上のバナナの木がなぎ倒される被害が発生しました。またこの日から遡ること二週間ほど前にも突風があり、農協職員の調査によるとこの二度の突風による総被災本数は1,489本とのこと(作付総本数の約0.5%に相当)。全体の被害の規模としてはそう大きくはないものの、中には栽培しているバナナが全滅してしまった生産者もあり決して軽視できる被害ではありません。特に今回倒されたバナナの大半が現在出荷中の圃場であったため、7 月頃まで出荷量に若干の影響が出て来るかもしれません。今回被災された生産者に対しては、農協から復興支援がなされることになっています。バナナ栽培をしていく上で想定内と考えざるを得ない突風ですが、そうとは分かっていながらも被害に逢った生産者の顔を見る度に心が痛みます。今後の一日も早い立ち直りをお祈りします。


第一回タイ産無農薬ホムトンバナナ栽培技術交流会開催される



isan.jpg

 3月3日~4日、バンラート農協で第一回タイ産無農薬ホムトンバナナ栽培技術交流会が開催され、タイ全国のホムトンバナナ産地から200名近い生産者が集まりました。参加した生産者は主催地となったバンラート農協のほか、南部チュムポン県からトゥンカーワット農民会、チュムポン組合の二団体、東北タイからはイサーン・グループに所属する生産農家の皆さん。また日本からもパルシステム生活協同組合連合会、大阪よどがわ市民生協、生協しまね、らでぃっしゅぼーや株式会社、株式会社野菜くらぶ、株式会社和郷の各団体から計17名の皆さんが参加されました。

isan.jpg

isan.jpg

 今回の交流会は『同一の作物を別々の場所で栽培するということは、気候や天候、土地環境、果てはそこに住む人々の暮らしや文化の違いから生まれる農家たちの栽培管理方法の違いといったものによって必然的に品質の違いにも繋がります。(中略)また、ここ4~5年続いている全国的な異常気象がバナナの生育に与える影響も、見過ごせない状況になって来ています。(中略)品質の違いを生んでいる原因のひとつひとつを明らかにしていくことで、安定した品質に少しでも近づくことは可能です。しかも私たちが栽培している無農薬ホムトンバナナは、生産される圃場が明確なものばかりです。皆の知識や経験を持ちより、互いに学び合うことは、それの実現への近道だと言えるでしょう。もし全国の生産農家たちの間で継続的にこれを実践していくことができれば、より安定した生産品質を実現できると信じています。そのために少なくとも年に一度は別々の地域に住んでいる生産農家たちが一堂に会し、互いの経験を語り合う場を持つことで、必ずや我々の作るバナナの品質は一段上のレベルへと引き上がり、生産農家同士の協力意識も高まることでしょう。これこそが、今回この“無農薬ホムトンバナナ栽培技術交流会”開催に至った、一大趣旨なのであります。』(当日配布資料の前書きより抜粋)という趣旨によるもの。各生産地から発表者となる生産農家を数名選抜してもらい、この日に向けての資料作りを現場のスタッフなどと共同で進めてきました。

isan.jpg

isan.jpg

 発表者は全部で8名。より安定したバナナ作りに向けての堆肥や液肥の製造や使用法、天候不順時の栽培管理テクニック、低コスト実現に向けた叢生栽培テクニックなど様々なテーマで壇上から報告してもらい、各報告の直後にはコメンテーターの先生方(タイ人のバナナ専門家二名と日本から小川孝郎先生)にコメントをいただく形式。さらに特別報告としてパルシステム連合会から藤野賀子パルシステム東京理事が『震災後のパルシステム連合会の状況と農産物市況』というテーマで報告してくださりました。単なる栽培技術の交流だけではなく、日本の消費者も関与する裾野の広い会合となりました。
 初日の夕方には懇親会が開催され、タイ各地の伝統舞踊も披露されて、文化交流の側面も濃厚になった印象深い一夜に。またこの晩にはパルシステム連合会の皆さんがバンラートの生産者のお宅二軒にホームスティして、交流をさらに深めました。

isan.jpg

isan.jpg

isan.jpg

 二日目、全員の発表が終了した後に、司会から「来年も継続して交流会を開催すべきかどうか」について参加者全員に提案が為され、満場一致で開催を支持、次回開催地も即座にトゥンカーワット農民会に決定して、バンラート農協のフーン組合長とトゥンカーワットのソムヌック理事長との間で主催地の受け渡しの握手が、参加者全員の見守る中で固く結ばれました。
 タイ全国のバナナ生産地のメンバーが一堂に会するイベントは今回が初めて、ということもあり、いろいろと試行錯誤の面もありました。パワーポイントの画面が小さ過ぎたり、質疑応答の時間がほとんど取れないなど至らない点も多く今後の課題となりました。また12月に予定していた日程を、バンコク大洪水の影響で3月に延期したことで、当日会場は勢い猛暑の中、ということにもなってしまいました。改めてこの場をお借りしてお詫び申し上げると共に、次回以降の教訓として役立てていくことをお約束します。
 最後に今回の交流会をご支援くださった日本のホムトンバナナ取扱団体の皆様、当日ご参加くださった皆様のご厚意に御礼申し上げます。どうもありがとうございました。

isan.jpg

isan.jpg


~発表者及び発表内容~

(1) 『自家製堆肥の製作法とバナナへの効果的活用法』
  発表者:サネー・チムペット(バンラート農協バナナ生産者)
(2) 『 株周りの被覆のメリットについて 』
  発表者:ジャカリン・ポープロム(イサーングループ理事長)
(3) 『 緑肥の活用などによる生産コストの圧縮 』
  発表者:ニポン・スッジャイ(トゥンカーワット農民会バナナ生産者)
(4) 『 液肥・堆肥の効果的な活用による化学肥料の削減とバナナの品質アップ実現 』
  発表者:マナッサナン・ヌッニヨム(チュムポン組合バナナ生産者)
(5) 『 ホムトンバナナの施肥テクニック 』
  発表者:ソムチャーイ・サムパオ(トゥンカーワット農民会バナナ生産者)
(6) 『 震災後のパルシステム連合会の状況と農産物市況 』
  発表者:パルシステム東京藤野賀子理事
(7) 『 低温期のバナナ栽培 』
  発表者:ジャカリン・ポープロム(イサーングループ理事長)
(8) 『 ホムトンバナナの長期安定的な生産方法 』
  発表者:ソーポーン・パンチャナ(トゥンカーワット農民会バナナ生産者)
(9) 『 発酵床養豚と無農薬ホムトンバナナ 』
  発表者:チャロー・ルアブンルート(チュムポン組合バナナ生産者)
(10) 『 バナナ観察法と効果的な施肥体系 』
  発表者:パイトゥーン・ソーパナヌソーン(バンラート農協バナナ生産者)

※発表内容の詳細は以下配布資料に記されています。

交流会配布資料(日本語版):ダウンロード
交流会配布資料(タイ語版):ダウンロード
関連記事:ベンジャマート先生らが南部産地を視察 / ベンジャマート先生一行がバンラートを訪問


ベンジャマート先生一行がバンラートを訪問



isan.jpg

 2月13日、タイのバナナ栽培専門家で3月に予定されているホムトンバナナ栽培技術交流会のコメンテーターをお願いしている二人の先生がバンラート農協を訪問、当日発表を予定している二人の生産者の圃場を訪問して、基礎データの収集などを行ないました。
 お二人はベンジャマート・シーラーヨーイ先生とガラヤニー・スウィタワット先生。 すでにチュムポン県の産地を1月に訪問されており、今回は私たちのバナナを見ていただく二度目の機会になりました。
 当日ガラヤニー先生は勤務地であるナコンラチャシマ県パクチョン郡を午前5時に出発されたとのことで、バンコク市内の待ち合わせ場所に到着したのが朝8時過ぎ、そこからバンラートに向かいました。バンコク市内の渋滞に紛れ込んだために少し現地到着が遅れましたが、10時半には最初の目的地であるパイトゥーン・ソーパナーヌソンさんの圃場に到着、そこでお昼過ぎまでバナナ談義に花を咲かせました。

isan.jpg

 午後はもう一人の生産者サネー・チムペットさんを圃場に訪問。有機農業に真剣に取り組んでいるサネーさん。堆肥や液肥作りにも熱心で、この日は午前中自らが講師になって近隣の農家に液肥作りを指導してきたそうですが、先生方との話も勢い堆肥や液肥のバナナ栽培への生かし方にウェイトが傾いていました。また先生方からは二番苗の上手な剪定の仕方について貴重なアドバイスをいただくなど、バナナ談義は尽きることがありませんでした。

isan.jpg

 交流会は3月3日、4日の二日間の日程で開催されます。チュムポン県の産地からも50名を越す参加が予定されており、当日は発表者たちの個性溢れる栽培技術がきっと参加者たちの関心を煽ること請け合い。先生方もきっと良いコメントをして下さるに違いありません。今から交流会が楽しみです。