ホムトンバナナ

バナナサルサ



isan.jpg



 サルサと言えばメキシコなど中南米の代表的なソースですが、今日はホムトンバナナを使ったサルサの作り方をご紹介したいと思います。

<材料>
1.ホムトンバナナ: 1本
2.パクチー: 小さじ2
3.レモングラス: 小さじ2
4.干しブドウ(白): カップ1/2
5.みかんの皮(ライムでも可): 小さじ1/2
6.ハラペーニョ(パプリカ粉でも可): 小さじ1/4
7.ごま油: 小さじ1杯

※2~5は予めみじん切りにしておく。

<作り方>
①ホムトンバナナを横に半分に切る。
②半分に切ったものを、今度は縦に4枚にスライスする。
③フライパンにごま油を敷き、スライスしたバナナを強火で両面がキツネ色になるまで炒める。
④バナナを細切れにした後、器の中で2~6と一緒に混ぜ合わせれば完成!

 とっても簡単ですね。使用するホムトンバナナは、熟して柔らかくなったものを使うと炒めた時にトロけて細切れに出来なくなってしまいますので、やや硬めのものを選ぶようにしてください。タイ仕様の一風変わったバナナサルサは、焼き鳥やサラダの付け合せにピッタリです。興味のある方は、是非チャレンジしてみてくださいね。


スポンサーサイト



ホムトンバナナの皮の活用法



isan.jpg



 バナナの皮、いつもそのまま捨ててしまってはいませんか?
 実はこのバナナの皮、膝頭や踵、くるぶしなどの固くなってしまった皮膚を柔らかくする効果があるとタイでは言われており、実際にバナナ生産者の中にも実践している人がたくさんいます。(基本的に女性の方ですが)


<手順>

1.まず、足を綺麗に洗う。

2.バナナの皮の裏の柔らかい部分を、皮膚の固くなってしまった箇所に直接当て、擦りこむようにマッサージする。

3.10分~15分ほど放置。

4.お湯でしっかりと洗い流した後、保湿クリームを塗る。(オリーブオイルが良いとされています)


 これを週に2~3回のペースで繰り返すようにすると、次第に固かった皮膚が柔らかく、黒ずんでいた皮膚が白くなっていくそうです。真偽の程は定かではありませんが、興味のある方は是非試してみてください。
※バナナ生産者によると、ホムトンバナナでなければ効果が無いそうです。