2012年03月

南部産地で突風被害発生(続報)


isan.jpg


 先日お伝えした南部産地での突風被害の詳細がわかりましたので、お伝えします。今回の突風で被災した地区及び被害状況は、トゥンカーワット農民会第一作業場にほど近いサラカオ地区で4圃場の計2,460本、クロンクラン地区で9圃場の計2,775本、第二作業場近くではナイトゥン地区で3圃場の計1,000本、ナムチャー地区で2圃場の計1,900本で、これを合わせると18圃場の計8,135本になります。このうち、バナナがすでに木になっているものは全体の約3割ほどを占めていました。
 トゥンカーワット農民会にはこういった自然災害に備えて以前より“自然災害基金”というものがありますが、今回被災した18圃場のうち、この基金に加入していたのはわずか3圃場のみという状況だったため、農民会では月末に開かれる理事会にて、未加入者に対してどのようなかたちの支援を行うか、話し合いを行う予定でいます。


スポンサーサイト