大阪よどがわ市民生協一行が産地を訪問



isan.jpg

 大阪よどがわ市民生協の山本明一常務と、無店舗事業部運営グループの彦阪浩司次長のお二人が3月3~7日の日程で訪タイされ、バンラートで開催された第一回タイ産無農薬ホムトンバナナ栽培技術交流会への参加と、南部産地の視察をされました。

isan.jpg

isan.jpg

 今回は彦阪次長が初めての訪タイだったということで、産地ではじっくりとバナナの生育について視察していただいた他、出荷作業のデモンストレーションもご覧いただきました。また当日は運の良いことに、作業員が協力して前回の出荷作業で跳ねられたバナナを材料にしたバナナチップづくりをしており、それの試食もしていただきました。乾期の真っ只中にあたる3~5月頃は、毎年商人たちが柑橘類やマンゴーの買取で忙しく、出荷で跳ねられたバナナの行き先がほとんどなくなってしまう状況に陥ってしまうため、現在農民会ではそれらをバナナチップに加工して近所のよろず屋やプーケットの観光地域へ販路を探し求めているところです。味はなかなかのもので、近所の評判も上々だそうです。試食をした彦坂次長もお気に召されたようで、数袋購入して行かれました。

isan.jpg

 ここ数年、よどがわ生協組合員の皆様の産地訪問は、タイ側の政治問題や洪水騒ぎ等でしばらく滞っていました。しかしようやく落ち着きを見せ始めたということで、7月頃を目途に訪タイ団を派遣したい旨、山本常務から農民会理事会に伝えられました。それを聞いた理事会メンバーらはとても嬉しそうで、皆の顔から“ようやくか”といった感じの笑みがこぼれていました。7月が楽しみです。