イサーングループの第二作業場建設着工



isan.jpg


 東北タイでバナナ栽培を展開するイサーングループ・ファオライ地区。今最も栽培拡大への動きが活発なこの地区で、自分たちの出荷作業場建設に向けた動きが加速しています。
 作業場建設工事が開始されたのはノンカイ県ファオライ郡ワンルアン区役場の敷地内の一角。ここに周辺でバナナを栽培しているメンバーが連日集まっては手弁当での建設工事が進められています。
 同地区の生産者は昨年11月から日本向けに無農薬栽培ホムトンバナナの出荷を開始、以後品切れとなった今年8月まで隔週で見事なバナナを出荷し続けてきました。初めてのバナナ栽培の成功に気を良くした生産者の多くが栽培を拡大しただけでなく、周辺の農家にも働きかけて地区内のホムトンバナナ栽培は飛躍的に拡大してきています。
 これまでは生産者のリーダーが保有するコメ保管庫を改造した仮出荷設備を使用して来ましたが、今年10月以降に大量の出荷が予想されるため、適切な出荷設備を模索していました。自分たちが住む地域の自治体の協力を仰ごうと、生産者リーダーが同区長に直談判し、役場敷地内の土地提供と作業設備建設に必要な資材費購入費用の補助を引き出すことに成功したという次第。
 生産者の皆さんは明るい笑顔で労を惜しむことなく自前での建設工事に熱心です。今年10月にはこの新しい出荷設備から日本向けにバナナが出荷されることになります。


isan.jpg